障害があっても、個性を生かした働き方をしていくには?〜企業・就労支援・当事者いろいろな視点で考えるひととき

Description
【障害があっても、個性を生かした働き方をしていくには?】
UNROOF主催オンライントークイベント第3弾!!
今回は
「障害と働くこと」
についてお話をしていこうと思います。

登壇いただくのは、LITALICO、ゼネラルパートナーズ、キズキという障害がある方の就労移行支援のプロフェッショナルの皆様です!
障害がある方と一緒に働いている企業の視点、企業と人をつなぐ視点、そして当事者からの視点。
様々な視点からお話ができればと思います。
UNROOFの事業ビジョンや、今回登壇いただく皆様の仕事の領域から、”精神・発達障害”を中心に、個性を生かした働き方をするためにどうしていけばいいかを一緒に考えていく機会になればと思っています。

UNROOFで取り組んでいることを聞きたい!という方。
障害がある方と働くにはどうすればいいか悩んでいる企業の皆様。
自分自身が障害や病気がある中で、働く上でのヒントが欲しい!という当事者の皆様。

日々、個性を生かした働き方を模索している4名と、どうすれば障害があっても個性を生かした働き方ができる場がつくっていけるか、一緒に考えてみませんか?
ご参加いただく皆さんも、一緒に考える場になればと思いますので、事前のご質問もお待ちしております!

もちろん、イベント中もご質問オッケーなので、ぜひぜひご参加ください!

開催日時:6月30日(水)20:00-21:30
開催場所:オンライン(zoom)
定員:90名
参加費:無料

イベントに関するお問い合わせ先
UNROOF 担当:岩城
mail:info@unroof.jp


【登壇者プロフィール】

岩城弘佳
精神・発達障害がある方の仕事の可能性を拡げることを目的とする、革製品ブランドUNROOFの宣伝部長。
ボーダレス・ジャパンにて、ミャンマーの雇用創出を目的としたハーブティー事業AMOMA、バングラデシュの貧困解決を目的としたビジネスレザーファクトリーでの商品開発担当を経て現職。
”普通じゃないがフツー”というビジョンを掲げ、障害の有無に関係なく活躍できる場をつくるべく仲間たちと奮闘中。
UNROOFウェブサイト https://unroof.jp/
UNROOF事業紹介ページ https://www.borderless-japan.com/social-business/unroof/

野田明子
株式会社ゼネラルパートナーズで就労移行支援事業を担うatGPジョブトレ部門にて勤務。 これまで複数の就労移行支援事業所の立ち上げおよび、支援員として精神・発達障害の方の就労支援に携わる。 現在は、「atGPジョブトレ梅田」の管理者・サービス管理責任者 兼 運営企画室 室長として、 カリキュラム開発などのサービス企画や支援員の教育などを担当する。 「誰もが働くワクワクを実感できる社会」の実現を目指し、様々な雇用のあり方を模索中。 公認心理師 ◆atGPジョブトレ https://www.atgp.jp/training/

服部一史
「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げるLITALICOにて、就労支援部門の人材育成を担当。 企業に対する雇用支援にも注力し、企業での障害者雇用促進のための体制づくりや特例子会社の設立支援等にも携わる。 障害のある方々が自分らしくいきいきと働けるように、「就労・定着支援」の先にある「活躍支援」をあたりまえにするべく雇用企業との連携を大切にしている。 著書に「頑張ってもうまくいかない ひょっとして発達障害?と思ったら読む 無理しない働き方(2020年12月 JMAM)」。

林田絵美
「何度でもやり直せる社会を作る」をビジョンとする株式会社キズキの公認会計士。うつや発達障害の方が会計・英語・デジタルマーケティング等を学び、キャリアを築くための「キズキビジネスカレッジ」を立ち上げ。発達障害当事者。早稲田大学政治経済学部卒。 ◆キズキビジネスカレッジ:https://kizuki.or.jp/kbc/ ◆Twitter:@lin_douob






[PR] Recommended information